AG-GAP

ガンプラ製作を中心とした日記です。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙戦艦ヤマト2199・第七章を観てきました


Category: 宇宙戦艦ヤマト2199   Tags: ---
最終話というものは寂しいものですが、とにもかくにも行って来ました宇宙戦艦ヤマト2199・第七章。
DSC_0943.jpg

製作側の都合により上映版の第25話は一部カットされているとのことですが、その辺はテレビ放映の時にゆっくり観るということで。

もちろん、ここからは先はネタバレ注意ですが、1回しか見ていないと聞き取れなかったり、理解できなかったところもあったりで、その辺はご勘弁を。





まずは、「死者をも蘇らせる驚異の技術、恐るべしイスカンダル!」の一言につきるかなあ・・・。


コスモリバースシステムの中核には人の記憶が必要っぽいけど、守がイスカンダルに来なかったらどうするつもりだったんだろうという疑問は残しつつ、2199でも守とスターシャ猊下は恋仲になったようですね。ヤマトがイスカンダルから旅立つとき、スターシャのお腹には守の子が宿ってるような描写がありました。

今作での違いは、守はイスカンダルで死んでしまい、意識(記憶だけ?)だけの光る玉になっちゃったってところですかね。スターシャが光る玉に話しかけてる様子は、メーテルがドクターバンに語りかけているようでしたw

意識だけになった守はコスモリバースシステムになり、そのエレメントとしてヤマトが必要であり、守 = ヤマトという、まるでトチロー状態に。
進のため、地球に帰還してから使用するはずであったコスモリバースシステムを雪の蘇生に使用、「沖田さん、ヤマトをお返しします。」と言いながら守の意識とともに機能を消滅。替わって沖田艦長の死とともに沖田の記憶が宿ることでコスモリバースシステムが再起動(たぶん、そういうことなんだと思う。)という流れに。

そして、やはりというか、沖田艦長の最期の言葉は、(故)銭形のとっつあんの声の人の時と同じセリフでしたね。
ジーンときちゃいました(ノω・、)

ただ、雪を蘇生させる技術があるんじゃ、イスカンダルにいた守も死なずにすんだんじゃないだろうか(-ω- )
スターシャも知らぬ奇跡の技術だったとか・・・。


ところで、個人的にはまだ謎のままのものもあって、雪がユリーシャのスマホみたいなやつを持っていた理由は、真田が言いかけたところでストップしてるんですよね、たぶん。単純にリンケの精神攻撃の際にあった描写の通りなのだろうか。

また、ユリーシャは雪に「もう一人の私」とか意味ありげなことを言ってるし、裏設定がいっぱいあるのかな。
今後発売されるであろう設定資料集の売上につなげるためにとかw
2人のやり取りは、フレイとナタルを思い出させましたww

そういえば、ジレル人といえば、漫画ではデスラーの奥さんも同じような能力を持ってたしなあ。耳も同じようにデカかったような。


さて、気になるのは続編の有無ですが、どうでしょうね。ぜひともお願いしたいところですが、波動砲を使わないことを条件にコスモリバースシステムを受領したようなところがありますからね。波動砲の砲門も封印されていた感じだし。

白色彗星帝国編となると、アンドロメダをはじめとする地球防衛軍艦隊は波動砲だらけですからね、この辺の話の流れがどうなるか。その時代の政府が「知ったことか!」と言ってしまえばそれまでかもしれませんがねえ。
専守防衛のため大量破壊兵器(波動砲)を持っていても、侵略はしないからワープ機能はあえて持たないということになのかな。

ガミラスの方は、デスラーは死んだと思っているヒス副総統以下の閣僚が、平和に向けた新政府を樹立させようとしている感じですしね。デスラーが生きていたとしても反旗を翻すかも。ディッツ提督も艦隊司令長官に返り咲くかもしれませんね。

方や基幹艦隊を指揮しているゲールは、デスラー配下のまま健在で、ガトランティスが亜空間内で爆死ではなく、瀕死状態のデスラーを蘇生させれば、そのままガミラス部隊としてガトランティスと同盟を結んでヤマトを討ちに来る可能性も。

まあ、個人的見解を述べれば、続編を製作しようと思えば、製作できる終わり方だったような気はします。


最後に、全章通して見応のある作品でした。ガンダムを除いては(もしかしたらそれ以上に?)久々に興奮しっぱなしの1年ちょっとでした。出渕総監督ほかスタッフの皆さんに感謝申し上げます。




ちなみに31日から「あの花」がロードショーされますが、ボロ泣きして映画館から出てくるのはカッコ悪いんで、ブルーレイのレンタルを待ちたいと思います(*´Д`)
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記    ジャンル : 趣味・実用

Comments

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
GALLERY
 
 
 
 
 
 
 
 
コンペ
 
プロフィール

あびぴろ

Author:あびぴろ
作るより完成品を眺めている方が好きな^^;ちょっと変わり者モデラーです。

 
 
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
カウンター
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。