AG-GAP

ガンプラ製作を中心とした日記です。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き詰ってるかも・・・?!(ガンダムVer.Ka その4)


Category: ガンダムVer.Ka   Tags: ガンダム  Ver.Ka  
久々のヴァカガンです。

ヒザパーツ裏の加工を進めようとしたところ、先にスネの形を固めるべきであることに気づき、C面にエポパテを盛りつつラインを整えました。ちなみに、新たなC面加工はずっと先のことになります。
DSC_0738.jpg
比較的キレイに仕上がっているので、形あるものにメスを入れるのは気が引けるのですが、このままではどっち付かずのガラクタに過ぎないんですよね・・・。なので、作業を進めていきます・・・(´-ω-`)

ヒザパーツの裏側と、それを受けるフクラハギ側の形を整えて、
DSC_0774.jpg
こんな感じに。

パーツ間のすり合わせにだいぶ時間を割き、パッと見た感じは良い気がするのですが、それでも隙間が気になったりして・・・。

作業途中、ヒザの表側に瞬着が付いてしまい、ヤスリで落としていくうちにハッチの段差が浅くなって行くし、なんだかなあって感じ(´-ω-`)

しかも、当初から気になっていた↓のパーツの合わせ目部分。後でフレームとなるパーツを付け加えたとしても、構成上、横から見えてしまうんですよね。ウソっぽく見えちゃう。
DSC_0780.jpg

キットをベースにするのはゲージ代わりになるのが最大のメリットだと思うけど、この脚に限っては過去のモデグラ誌のMGを参考に、スクラッチで頑張った方のがキレイに仕上がったかもです。もちろん、自信もないし今更ですが。

キット化されないかなと、今でも思ってしまう。
あああ・・・、どうして私はネガティブモデラーなのでしょう(´;ω;`)


で、お馴染み、全体像・・・。
DSC_0783.jpg
こうして見るといい感じなんですけどね。

ブツブツ言いながらも、進めて行きますが(´Д` )



ところで、我家のジャンガリアンは、この度“ポテチ”と命名されました。
DSC_0766.jpg
“プリモン”は完全に却下されてしまいまして・・・(´-ω-`)

あれから1週間、体も少し大きくなりました。やはり、ヒマワリの種が大好物だったりしますw

スポンサーサイト
テーマ : ガンプラ制作    ジャンル : 趣味・実用

3歩進んで3歩下がる・・・(ガンダムVer.Ka その3)


Category: ガンダムVer.Ka   Tags: ガンダム  Ver.Ka  BMCタガネ  0.10mm  0.075mm  
おくむらさんに、100円ショップのダイヤモンドやすりで、欠けたBMCタガネを直せるよと聞いてダイソーでこれを買ってきました(400番相当ぐらいかな?)
DSC_0717.jpg
調子に乗ってプラの切断にガーリガリ使っていたら、先っちょを0.5mm位欠いちゃったんですが、たしかに形状を取り戻すことができました!

ただ、これだけだと刃がザラついているためか、彫った部分にバリが残る感じになってしまうので、東急ハンズの商品をアマゾン経由で購入。
DSC_0699.jpg
この3000番のやつで研いだら見事に復活しました!(細さを確保するため脇も研いでいます。)
DSC_0702.jpg
新品のものに比べるとキレに劣るものの、欠ける前の状態よりは良い感じですヽ(´ー`)ノ
間に800番のものを入れるともっと良いかもしれませんね。

スジボリ堂正規品のダイヤモンドディスクだと高いですからね。切れ味に妥協出来て0.10mm位だとこの辺の商品で充分かもしれません。

ちなみに、復活した初期型の0.10mmはご覧のように刃の根元が太いです。
DSC_0712-2.jpg
現在では職人さんの熟練の技で根元も細く、深く彫っても溝が太くならないように加工されているのでしょうが、結果的に刃がヨレやすく、下地の影響を受けやすくて個人的には好きではありません。(0.075mmに至っては実戦配備していません^^;)

薬指で刃の真ん中あたりを押さえてやることで、ある程度中和できるんですがイマイチでして。

なので、復活した0.10mmでアタリをつけて、予備2号機で“彫る”といった運用を始めました。



それと、とうとうコイツを購入w
DSC_0704.jpg
5,000円以下でなるべく軸ブレの少ないやつをと思って。レビューなどを読んでコイツに決めました!

根元の辺りならイケるんじゃないかと。
DSC_0706.jpg
コイツでバーニアの縁の薄々加工やサークルワンの製作をするつもりです( ̄∀ ̄)イヒヒ



さて、ようやく前回の続きですが、ここ1週間失敗の繰り返しで、またしても進んでいません・・・。

フクラハギとフクラハギ下とのパーツのすき間にエポパテを埋め込みたくて、いつものように離型剤代わりにメンタムを塗布しつつ、ムニッとエポパテを挟みこみたいところですが、硬化してから外してみると隙間が空いていたり、何度やっても上手く行かなく(=_=;)

隙間を1mm位空けるようにパーツをカットしちゃえばパテの逃げ場が出来てやりやすいんだろうけど、形あるものを崩しちゃうのは精神的に辛いものがあって、攻めに転じられない・・・^^;
DSC_0708.jpg

で、1週間の期間とタミヤのエポパテ1箱半を費やしてようやくこんな感じに。
DSC_0715.jpg
そして、シアノンでガッチリ接着!

の、はずが・・・
削りながら形を整えていたらプラからパテ部分が剥がれちゃって・・・。(メンタムがちゃんと落ちてなかったのかな・・・?)

アタマきてカットしてしまいました(; ̄Д ̄)
DSC_0719-3.jpg
この1週間、結局なんだったんだろうね・・・(=_=;)

接着面積が広い方が丈夫なわけで、最終的には画像の点線のところで更にカットしてからエポパテで盛り直すわけなんだけど、そう思うとなおさら心が沈んでしまうわけですよ・・・。

フクラハギの形状が確定してからやり直した方が結果的に良いと自分に言い聞かせてはいるんですけどね。このパーツ構成では隙間があると装甲としてインチキに見えてしまいますし。


でも、ようやく先に進んだ感があったので、気を取り直して全体像、初のバランス確認(頭部はジムカスのままですが)。
DSC_0722.jpg
DSC_0721.jpg
DSC_0725.jpg

とりあえず、フトモモと腹はそれぞれ2mm延長、肩の位置も2mm上へってところでしょうかね。脚もそうだけど、ジム改の腕のC面が太すぎるのは気になるなあ。
肩は肩パカのところは段差になってるんですね。これはこれで良い気もしますがデカール貼るとき面倒かな。
まあ、胸ダクトのところは当然改修するとして。

頭部と顔のベースについては、候補としてHGUCガンダムとステイメン、そしてRGガンダムを用意しているんですが、顔については個人的に↓のような公式が成立つので、

カトキっぽくなくても精度の高いキットのままの顔 > カトキらしさを目指し手を加えた結果、崩れてしまった顔

RGのまま行くと思います(; ̄д ̄)!
ヘタレと呼んでください。最近の画稿ではだいぶ普通のガンダムっぽくなりましたし、いいんじゃないかなとw

まだまだ、先の話ではありますがね・・・。


以上、本ネタこれだけ!

この調子じゃ“ヴァカガンその100”まで行きそうだな・・・(=_=;)


さて、次はヒザパーツ内側の加工からフクラハギにかけて手を加えますよ。
DSC_0726.jpg


ではノシ

テーマ : ガンプラ制作    ジャンル : 趣味・実用

牛歩・・・(ガンダムVer.Ka その2)


Category: ガンダムVer.Ka   Tags: ガンダム  Ver.Ka  
4月13日公開の宇宙戦艦ヤマト2199第五章。
いよいよ、これまで伏線を張ってた謎が解き明かされそうな予感ですね。

敵も1万隻の大艦隊だそうで、どのように切り抜けるのか楽しみです。敵が散開したら波動砲も意味がないわけで、波動防壁を展開しつつ敵旗艦(ドメラーズⅢ?)に突撃、ワープで離脱ってとこなんでしょうけど、やはりリアリティを損なわない演出で楽しませて欲しいですよね。
旧作では子供心にも、幾度となく敵艦隊から集中砲火を浴びてもなお絶対に沈まないヤマトに醒めてしまったところもありましたし・・・^^;
森雪の歌の力でってのはさすがに無いよな(笑)

テレビ放映も4月7日から開始、この調子で行くと映画もテレビも最終話は今年の秋になると思いますが、どうなんでしょ、最終話は映画のみ1本ということになるのでしょうか。

ちなみに、今作のガミラス本星(?)には大気があるので、最後の決戦も描き方が変わるのでしょうね。民間人も多数住んでますし。どのように描くのかこの辺も楽しみです。



さて、Ver.Kaですが、あらかじめ申し上げると、ほとんど進んでいません。
タイトルの通り牛歩・・・

でもまあ、定期的に更新しないとねってことで^^;

Ver.Kaガンダムで、ヴァカガンなのですね。なので、今後は私も文面中はヴァカガンと表記することにします^^


ヒザの次は、スネのラインをと思って作業を進めていたのですが、あえなく失敗。フクラハギの形を固めないとスネとヒザに続くラインが繋がらないことに気付き(気のせいかもしれんが)、先にフクラハギを処理することに。
フクラハギとその下の部分を切り離し、フクラハギの方は切断部分の寸法を摘めてからエポパテで穴を塞ぎました。
DSC_0687.jpg
もはや後戻りはできない状態。

フクラハギの形は後で整えるとして、この後、フクラハギ下の左右に分割されたパーツを接着しようとしたときに気付いたのがこれ。
DSC_0689.jpg
ポリキャップの軸が右足と左足で中心からズレているんですね。

まあ、設置性と足首のラインを上手く繋げようとしているんでしょうけど、さらにここで気付いたのが、
DSC_0680.jpg
キットではアンクルアーマーが傾かない構造であるということ・・・(汗)

ぶっちゃけ、知らなかった・・・。

で、ヒザ、スネ、足首と繋がるラインは大事な部分ですし、先にこっちを片付けちゃおうということで足首のパーツを分割し、ポリキャップを仕込みました。
DSC_0692.jpg
後でネット徘徊してみたら、ジムカスでやられてる方、結構いらっしゃいますね^^;

組んでみるとこんな感じ。
DSC_0695.jpg
写真ではちょっと分かり辛いかも。でも、良い感じヽ(´ー`)ノ

スソが短く感じられるので、この後、足首の軸の部分を短くするかもしれません。


ちなみに、スネのパーツはボツになったパーツです^^;



テーマ : ガンプラ制作    ジャンル : 趣味・実用

ふりだしに・・・(ガンダムVer.Ka その1)


Category: ガンダムVer.Ka   Tags: ガンダム  Ver.Ka  
ヒザ周りが上手く出来たら、本格的に製作しようと始まったガンダムVer.Kaですが、この前のデキだとやっぱりヒザ上が短い感じ。
なので、延長することにしました。最初の頃にヒザの上をカットしてしまったわけだけど、たぶん元に戻ってると思う・・・^^;

で、こんな感じに仕上がったのですが、
DSC_0679.jpg
作業中、何度も削り込んでいたため原型を留めておらず、センターがどこだか分からずなんともアバウトな仕上がりに・・・。

パーツを繋ぐラインなど今後の製作に影響を及ぼす気もするし、どうにも気分がスッキリしないので、
・・・最初から作り直すことにしました( ̄Д ̄;)

ヒザ下のフレームが覗く部分も微妙にバランスが違う気もしますしね。まあ、いいかなと思って。
もう1つ、ジムカスを購入することにはなったのは言うまでもありませんが・・・^^;

一応、暫定ですがこんな感じに。
DSC_0686.jpg

DSC_0683.jpg
やっぱり、ヒザ上はカットしなくて良かったのね・・・^^;

せっかくなのでバランスも変えてみました。
ヒザ下のフレームを挟むところは0.3mm幅増ししたり、ヒザそのものも厚みをある程度残しました。
画稿は画稿として、プラモデル的にはこの方が見栄えが良いかと思って。


この後、スネのC面を整えたら、ヒザパーツの方は前面を絞り込むように削って形を整えるつもりです。その次にヒザパーツ裏のライン。

ヒザもフクラハギも、スネからのラインの影響をだいぶ受けそうですしね( ̄ヘ ̄)


まだまだ続きます・・・。




テーマ : ガンプラ制作    ジャンル : 趣味・実用

まずは・・・(ガンダムVer.Ka その0)


Category: ガンダムVer.Ka   Tags: ガンダム  Ver.Ka  
東日本大震災から2年が経ちましたね(今の時間となっては昨日ですが)。
早いものです。

午後2時46分、会社で職員一同、黙祷を捧げました。

うまく言えないけど、辛い記憶には忘れちゃいけないこと、忘れなくちゃならないことがあると思うんですよね・・・。

=============================================================

さて、季節はだいぶ春の陽気になりまして、それに合わせて花粉もすごいこと。
先週の月曜あたりから花粉症の症状が酷くなって、ここ数年は薬を飲まずに我慢していたんですが、どうにも辛く仕事にも支障が出てきたので、土曜日にとうとう病院に行って来ました。夜は、いつも日中かゆみに耐えていた疲れでグッタリしてまし、このままじゃマズイと思って。

さすがに処方された薬を飲むとラクになります。目薬もそこそこ効きますね。


で、ユニコーンの製作はのんびりムードになってきたし、ちょっと気分転換もしたかったので、いよいよガンダムVer.Kaに手を出してみようかと・・・。
RGもメガサイズも、お台場の1/1の“あの”形状だし、もはや“あの”形がスタンダード。だとすれば、Ver.KaがHGUCで発売されるのはほぼ皆無だし、MGで“2.0”が発売されることもしばらくはないと思うので、1/144の既存キットをベースに改造ということで。

ただ、ジムカスタムとジム改のニコイチで攻めるのが常套手段だと思うけど、ヒザからフクラハギにかけては全然形状が違うんだよね。
なので、このヒザからフクラハギの部分と、細かすぎる頬あてのダクトがキモでもあり難所でもあると思うので、まずはそういう部分を優先的に進めることにしました。


上手く作れなければ結局のところ完成しないので、全体像のバランスを見ずにいきなりヒザの工作・・・^^;
ジムⅢの方がフクラハギの形状が似てるので、どうしようかと思ったけど、結局ヒザの形状が近いジムカスタムを使用しました。

まずはヒザの工作から。ヒザは厚みがあり過ぎるためザクっとカット。
DSC_0644.jpg

ヒザの上側が長すぎる気がしたのでここもカットしてプラ板を貼り、スネとのつなぎ目のところでもカット。
プラ板はWAVEのものを初めて使用しました。
DSC_0647.jpg

ヒザ下にプラ材を伸ばして、
DSC_0659.jpg

ヒザの前面に角度をつけて、上側にパネルを加えると、
DSC_0667.jpg

こんな感じになりました。
DSC_0669.jpg
まずまずのデキじゃないかな。

正面から見ても2つのパーツにはほとんど相違は無いんじゃないかと。
DSC_0675.jpg

で、今後の課題ですが・・・、
DSC_0678.jpg
フクラハギそのものの形状変更はともかく、ヒザからつながるラインが難題ですね。

ほぼ、目測と勢いだけで始めちゃったからなあ。ラインが上手くつながらなそう(;´Д` )

特に、ヒザの上側は短くし過ぎちゃった感が。1mmほど短いような・・・。
ハッチを設置しちゃったし、当面はこのまま行くしかないですよね。たぶん。


・・・やっぱり、キット化されないだろうか。と、白旗を揚げたい気も(-。-;



そういえば、こんな本を買いました。
DSC_0657.jpg
まだ、パラパラッとしか見てないんで、後でゆっくり読もうと思います。

テーマ : ガンプラ制作    ジャンル : 趣味・実用
06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
GALLERY
 
 
 
 
 
 
 
 
コンペ
 
プロフィール

あびぴろ

Author:あびぴろ
作るより完成品を眺めている方が好きな^^;ちょっと変わり者モデラーです。

 
 
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
カウンター
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。