AG-GAP

ガンプラ製作を中心とした日記です。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても・・・


Category: 未分類   Tags: ぺんてる  グラフ1000  オレンズ  ステッドラー  925  35  パイロット  S3  三菱鉛筆  シフト  
そしてまた・・・、またしてもシャーペンネタで恐縮ですが、
この度、自分にとっての“この一本”を探そうと思い立ちまして・・・。

で、You Tubeで、シャーペンのレビューをいくつか見て気付いたんだけど、
ペンの持ち方がヘンな人のレビューって、あまり参考にならないという事実(-ω-;)<スマン)

まあね、正しいペンの持ち方なんて、その昔、字の上手い偉人たちの持ち方を「これだ!」と決めて慣習化しただけで、人それぞれの書きやすい持ち方が、その人にとって正しいんだろうけどさ。

とはいえ、ある程度一般的な持ち方でないと参考にならんわけですよ。


で、試しているうちに、いつの間にかこんなに買っちまってた(; ̄▽ ̄)
DSC04394-2.jpg

一度に持てる腕なんか1本しかないし、なんかもったいない気もするんだけど、作りもしないで部屋の中で積まれているガンプラに比べれば罪は軽いかなとw

手の大きさや指の長さ、筆圧加減なんかで好みは分かれてくるのでしょうが、これまでに購入したのは次の通り。

〔芯径0.3mm〕
・パイロット S3
・三菱鉛筆 クルトガ ハイグレードモデル
・三菱鉛筆 シフト
・ステッドラー 925 35
・ぺんてる グラフ1000

〔芯径0.5mm〕
・三菱鉛筆 クルトガ ラバーグリップ付
・ぺんてる 万年CIL ケリー
・トンボ鉛筆 モノグラフ
・パイロット S3
・ステッドラー 925 35
・ぺんてる グラフ1000

〔芯径0.2m〕
・ぺんてる オレンンズ

0.3mmを中心に考えて購入しているのは、手帳への書き込みが業務上、特に多いから。


で、結局のところ、自分にとっての“この一本”ですが、「ぺんてる グラフ1000(フォープロ)」と「ステッドラー 925 35」の2本に落ち着きました。
この一本じゃなく、この二本やんけというツッコミはご勘弁いただくとしてw

「ぺんてる グラフ1000」の良さは歴史が語っているというか、1986年からのロングセラー。金属の剛性感と、六角形の鉛筆を持つような感覚で配されたラバーの組み合わせが手に馴染むというか、重心のバランスも良いし、軸の太さといい、ペンの持ち方矯正中の私にはとても良い感じです。
DSC04403.jpg

DSC04408.jpg
また、華美でないマットブラックの色合いが自己主張することなく、書くことに集中できます。そして、なによりシブくてカッコイイのが良いですね。グラフ系は色々あってお店でも試してみましたが、私は「グラフ1000」で決まりです!0.3mmを購入して気に入ったので、0.5mmも追加購入しました。
DSC04405.jpg
当然、0.5mmはぺんてる基準で、10回ノックするとちゃんと芯が5mm出てきます。(芯の太さによって、出てくる長さが違うみたい。)
DSC04406.jpg


そして、「ステッドラー 925 35」。ステッドラーはドイツのメーカーなので、舶来物かと思いきやMADE IN JAPANの表記があります。現地生産ということなのかな。
DSC04397.jpg
「925 35」は、「925 25」の発売20周年を記念して、記念カラーのナイトブルーで復活させたとのことで、「925 25」とは色違いなだけで材質、構造は同じみたい。元々「925 35」はグラフ1000のような真っ黒だったようですが、その辺の経緯はよく分からないです。
DSC04395.jpg
シルバーの「925 25」もいいんですが、ナイトブルーの「925 35」の方が自分の好み。まずは0.3mmのやつを購入しました。
なんといっても無駄なく、そして豪華過ぎでもない、この機能美溢れる優れたデザイン。カッコイイの一言です。手にとって書いてみると、アルミボディの剛性感が伝わってきます。重心バランスも文句なし。長~く使えそうです。ローレットは慣れてなくて些か苦手なんだけど、人間なんてすぐに慣れる生き物ですし。

娘に貸してみたら、娘も惚れ込んで速攻でシルバーの「925 25」の0.5mmを注文してました。それに乗じて、私は「925 35」の0.5mmを追加購入したわけですがwDSC04398.jpg
口金に溝がクルッと1本あると芯径0.5mm、2本だと0.7mm、3本だと0.9mm、まったくないと0.3mmなんだそうです。
こうなると、いずれコンプリートしたくなりますw
DSC04399.jpg
ただね、神経質かもしれませんが、同じナイトブルーでも色合いが違うのが気になるんですよね、製造時期が違うのかな。ガンプラをお作りの皆さんならご理解いただけるハズ・・・。
DSC04449.jpg

娘の「925 25」と並べてみた。
DSC04401.jpg

ちなみに、この2つのシャーペンで書いてみると、
DSC04425.jpg
なんの問題も無しです。

個人的に書くのが一番難しく感じる文字は「あ」です。バランスの取り方といい、滑らかに曲線を引かなくてはならないところといい。
なので、試し書きはいつも「あ」。



ところで、安価なもので好きなのは、「パイロット S3」ですね。といっても300円しますが。
DSC04409.jpg
安価ならではのプラスチック製で軽いところが良いです。太さ的にも持ちやすいし。
元々、ガンプラ製作には0.3mmのものを使ってました。

不思議なもので、上位モデルの「S5」や「S10」は良いと思わないんだよな。木製軸の「S20」は、いずれボールペンと一緒に購入したいですけどね。


芯径0.2mmと言えば、「ぺんてる オレンズ」。
DSC04414.jpg
娘が黄色を持っているので、白にしました。
DSC04412.jpg
パイプから芯を出さずに書くシステムなわけですが、書けば書くほどにパイプの先端が馴染んでくるのでしょうか、だいぶ馴れてきたような気がします。とにかく細く書けます。


手帳に書くための携帯用として購入したのがこちら、「三菱鉛筆 シフト」の0.3mm。
DSC04416.jpg
読んで字の如くシフトなわけで、カチカチッとシフトすることでペン先が閉まって保護することが出来るわけです。
DSC04418.jpg
発想は面白いんですが、店頭ではほとんど見ないし、通販でも取り寄せだったので人気はなさそうですね。

メーカーとしては製図用とのことですが、辛口評価のコメントも良く見ますし、なんとなく廃盤しそうな匂いが。
というのも、口金からパイプまでがとにかく短いので、製図には向かない感じなんですよね。
DSC04427.jpg

DSC04426.jpg
そのかわり、単純に字を書くだけならイケると思うんです。少々書いてる文字が見づらい感はありますが、低重心ではありますし。シフト機構のせいで、ペン先と軸のガタつきがヒドイとの意見もありますが、クルトガで書ける人なら問題なしだと思いますw
なので、しばらく胸ポケットに携帯する予定です。



そろそろザクザクしないとヤバいよね(=_=;)

スポンサーサイト
テーマ : 趣味と日記    ジャンル : 趣味・実用

横道にそれる・・・


Category: 未分類   Tags: トンボ鉛筆  モノグラフ  ぺんてる  オレンズ  ゼブラ  デルガード  
またしても、シャーペンネタで恐縮ですが、

ひょんなことから購入することになったもので・・・。
DSC04382.jpg
「トンボ鉛筆」の「モノグラフ」。芯の太さ0.5mmのやつです。(芯径0.3mm仕様も販売されています。)
消しゴムといえば「MONO」のイメージが強いのですが、同じカラーリングなのがオシャレな感じ。

だからでしょうか、
DSC04383.jpg
クルクル回すと、消しゴムが出てくるというアイデア商品! それだけに、専用の消しゴムまで発売されているという・・・。

ただし、私はシャーペンの消しゴムは使わない主義ですがw


Ulitzenさんが「ぺんてる」の「オレンズ」が気になるというので・・・、娘のやつを借りてパシャリ。
DSC04386.jpg
右手前が芯の太さ0.2mm、左奥が0.3mmのやつです。

芯径0.2mmでも折れにくい。だから「オレンズ」のようで、
「プラチナ万年筆」の「オ・レーヌ シールド」とか、「万年CIL」もそうだけど、ふざけ気味のネーミングがなんか笑えるw

ちなみに「オレンズ」は、芯を出さずに、芯が減るのに合わせてパイプも引っ込んでいくオレンズシステムを搭載していて、芯が出てないんだから折れようがないという発想らしい。

書き味はというと、0.2mmはたしかに細い。で、なんともいえないんだけど、個人的には慣れが必要かも。
0.3mmの方はフツーに書けました。


こちらも娘のシャーペン、「ゼブラ」の「デルガード」。
DSC04392.jpg
芯径0.5mmのみ販売のようですが、こちらも芯が折れづらい仕様。
ただし、「オレンズ」とは発想が違くて、筆圧で芯に余計な力が加わると、折れる前に芯そのものが中に引っ込むというシステムのようです。よく分かんないけど、「オ・レーヌ」もこれと同じ発想みたい。

ちなみに、芯が出ている状態(デル)と、引っ込んで消えること(デリート)をかけて、ガードするという意味で「デルガード」のような気がする。

形については、「クルトガ」のスタンダードモデルに似ているような・・・。


結局のところ、「パイロット」の「S3」の0.3mmが一番使いやすいかもですが・・・。
ガンプラ製作に使ってるやつです(笑)



こちらは、先日、庭のナツツバキを撮った画像です。
DSC04304-2.jpg
新しい芽が出る季節なんだけど、落ちずに踏ん張っている枯葉の姿を収めてみました。


もうすぐ1月が終わってしまう。


Category: HGUC 高機動型ザク   Tags: ぺんてる  ケリー  万年CIL  三菱鉛筆  クルトガ  高機動型ザク  
RG否定派のワタクシですが、

衝動買い(予約)してしまいました・・・。第1次発送分で^^;


こうなると、プロガンも発売して欲しいな、と。



さて、つい最近、こちらのペンを購入。
DSC04329.jpg
「ぺんてる」のロングセラー商品、「万年CIL」です。有名な商品みたい。
「KERRY」の愛称で知られているらしいのですが、KERRYばかり目にして、万年CILの名称は公式ホームページぐらいしか見受けられないような気がします・・・。

色は、昨年(?)に限定色として発売された3色の中の一つ、ネイビーです。深みのあるいい青色です。
ちなみに、ネイビーの他には、シルバーとシャンパンゴールドが発売されました。

キャップをあけるとこのように、
DSC04331.jpg
万年筆ではなく、万年筆のようなデザインのシャープペンシル。なので、万年CIL(マンネンシル)なんだとか。

キャップを本体につけたまま、ちゃんとノックすることが出来ます。
DSC04325.jpg
書き味は、非常に書きやすい。さすがは、ロングセラー。

ただ、敢えて難点を挙げるなら一つ。キャップが金属製なのに対して本体が樹脂製だからでしょうか、色合いが違うんですよね、気になる人は気になってしまうという。全部金属製ならいいのにというコメントも多く見受けられますが、本体が樹脂製だから書きやすいのかなとも思ってしまいます。

で、購入の決め手は、実はこれ。
DSC04334.jpg
SINCE 1971といったら、ワイの生まれた年やんけ!という、なんとも運命的な出会い!
同じ亥年であることに親近感を持ってしまう。大切に使うことにしました。

そういえば子供のころ、文具店で見かけてような気もするんですよね・・・。類似品かもしれないけど。

もっとも、「SINCE 1971」の標記は1990年代後半からで、それ以前は「PENTEL 5」だったそうです。
ちなみに、PENTEL 5の「5」は、芯の太さ0.5mmなんだそうな。

こうなると、年代物の「PENTEL 5」が欲しいなと、ついつい思ってしまいます。

なので、個人経営の文房具屋さんのデッドストック探しの旅に出ることにしました。相変わらずアホですなw



ちょっと前には、こんなものも購入しまして、
DSC04341.jpg
「三菱鉛筆」の「クルトガ」。

「ハイグレードモデル(画像右手)」と「ラバーグリップ付(画像左手)」です。芯がクルクル回ってトガり続けるというクルトガエンジン搭載のシリーズで、現在、文具業界を席巻している模様。

手帳の細かい文字の書き込み用にハイグレードモデルの芯の太さ0.3mmのやつと、ひたすら書き続けても疲れづらいであろうラバーグリップ付(こちらは芯の太さ0.5mmのみの販売)を選びました。

その昔、芯が回って太さが変わらないシャーペンって作れないのかな?と思ったものですが、いつの間にやら製品化されていたという・・・。これはすごい!発明ですね。

発想はあっても開発出来るか否か、ここがお金持ちと貧乏人の違いなのかも(^^;

ただ、このクルトガ。筆圧で芯の先が上下することによって芯が回転する構造になっているので、なんとなくブレる感じがして賛否両論のようです。
私の場合も、ペンの持ち方を矯正中で上手く指に力が入らないからでしょうか、今になって使いづらい感があります。

この辺は好みの問題なのでしょうかね。



ザクザクの方はといいますと、整面前にやり忘れていたことに気付きまして、

右肩シールド接続部のプラパーツ化と、
IMGP0006_2015012721031207d.jpg

スネ部の後ハメ加工。
IMGP0002.jpg

で、現在は、スネの外装パーツを接着して整面を進めている最中。
DSC04347.jpg
面が多くて面倒です。

まだしばらく掛かります。



う~ん、マクロレンズも欲しいなあ・・・。

テーマ : ガンプラ制作    ジャンル : 趣味・実用
05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
GALLERY
 
 
 
 
 
 
 
 
コンペ
 
プロフィール

あびぴろ

Author:あびぴろ
作るより完成品を眺めている方が好きな^^;ちょっと変わり者モデラーです。

 
 
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
カウンター
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。